近江町畳ヨガのご参加ありがとうございました<(_ _)>&次回のお知らせ♪

こんにちは。
石川県金沢市もりの里小学校近くでヨガ教室をやっています、さちです。



月曜日の夜は
月2回、
金沢の観光スポット近江町で
ヨガのレッスンをやっています101.png





今回は、
カラダをねじるツイストのポーズに挑戦してみました101.png




上:プラサリータ・パドッターナ・アーサナ(立位の開脚前屈)からツイストへ

下:パリヴリッタ・トリコーナ・アーサナ


c0367693_15163523.jpg

これらのポーズは、
しっかり胸を開いて、
ウエスト(脇腹)からねじってあげます。
(骨盤は水平を保つようがんばります144.png



パリヴリッタ・トリコーナ・アーサナは、
最初はとてもつらいポーズと感じる方も多いと思います。
手がマットに届かなければ、
ブロックを置いてOKです。
手の位置も、最初は前足の内側でOKです109.png






ねじりのポーズは、
脇腹をしっかり使ってねじりますが、
脇腹ってなかなか意識しにくい場所です。



そんな時は、
脇ばらをしっかり使ってあげると
ねじりも入りやすくなります109.png
今回は、わき腹を
筋トレしてみました114.png

c0367693_22154093.jpg
わき腹の筋肉を収縮させてあげることで
脇腹が使いやすくなります。110.png



いつもより
少し、わき腹に意識が向いて
ねじりやすくなります110.png





この脇腹には
「腹斜筋」
という筋肉があります。


腹斜筋はさらに、
「内腹斜筋」と「外腹斜筋」という2つの筋肉にわけられます。

「外腹斜筋」は肋骨から骨盤とお腹の膜(腸骨)にかけて形成されている
大きな筋肉です。
「内腹斜筋」は深層部にある筋肉で、外腹斜筋に覆われています。






「外腹斜筋」は

片側だけが働くと、
反対側へカラダをねじる作用があります。
右の外腹斜筋が働くと、右の肩が前にいくねじりが入ります。


「内腹斜筋」は
片側だけ働くと、

同側へ体をねじる作用があります。

右の内腹斜筋が働くと、右肩が後ろにいくねじりが入ります。





難しく感じるようなことを
書きましたが、、、、105.png
この2つの筋肉が同時に働くことによって
カラダがねじれます。


なので
右にねじるときは、
右の内腹斜筋が働いて右肩が後ろにいき
左の外腹斜筋が働いて左肩が前にいき
右側にカラダがねじれます110.png





どちらもカラダをねじるときに使われる
大切な筋肉です。
普段なかなか意識しにくい部分になりますが、
ねじりる時に「脇腹」と、
しっかり意識してあげると
いつもより
ねじりが入りやすくなります110.png




今日もご参加してくださった皆さま、
ありがとうございました<(_ _)>





次回は来月の開催です101.png




皆さまのご参加お待ちしております110.png









次回のクラス 

※今月は祝日の関係で
第1・第2月曜日の開催となります。



10月 15日 (月)       
①18:15~19:15    
②19:45~20:45             





10月 22日 (月)   

①18:15~19:15 
②19:45~20:45  


     






場所
近江町交流プラザ4階 まなびぃ広場の和室



※有料ですが、駐車場もあります。

1.5時間150円、2時間250円、2.5時間350円です。



詳しくはこちら
http://sachiyoga-kanazawa.com/oumicho/



皆さまのご参加、

お待ちしております110.png





お問い合わせはこちらまで(^v^)☟
☎   080-3315-2489
📩   
sachiyoga33@yahoo.co.jp
HP   
http://sachiyoga-kanazawa.com/
 
LINE@ 












[PR]
by sachiyoga | 2018-09-16 07:17 | 近江町いちば館(畳ヨガ) | Comments(0)